豊富な商品から合うものを|赤ちゃんが寝る場所となるベビーベッドはレンタルがおすすめ

赤ちゃんが寝る場所となるベビーベッドはレンタルがおすすめ

赤ちゃん
  1. ホーム
  2. 豊富な商品から合うものを

豊富な商品から合うものを

婦人と赤ちゃん

抱っこする人の負担を軽減

抱っこ紐は、赤ちゃんが歩き始める1歳過ぎくらいまでの期間、家の中や外出先で利用されることが多いです。赤ちゃんは産まれた時が2〜3キロ前後、1歳近くになると、7〜10キロくらいが平均体重になりますが、この重さの赤ちゃんを抱っこするのは、肩や腕に負担がかかり、あまり長時間の抱っこはできません。安定した抱っこをするためには、抱っこ紐を使うと便利です。抱っこ紐を使うことで赤ちゃんの体重が分散されて、腕への負担が軽減されます。また、抱っこ紐を使うことで、赤ちゃんから両手が離せるので買い物などで荷物を持ったり、電車で吊革につかまりたい時などに便利です。家の中で寝かせる時などに使うこともありますが、外出時によく使われるアイテムです。

商品の種類と特徴

抱っこ紐は、使用している素材や形、機能など、色々なタイプの商品があります。一般的には、赤ちゃんの首が座ってなければ横抱き、首が座ってからは縦抱きができるとされていますが、商品によっては、首が座ってなくても縦抱きできるように工夫されているものもあります。肩と腰の両方でしっかり支えられるようにバッグルがついているタイプや、バッグルがなく布だけでできている商品もあります。抱っこ紐は、使う人が何を重視するのかによって選び方が変わります。洗濯機で気軽に洗えることや小さく折りたためることを重視するのであれば器具がついていない布タイプ、前向きにも対面でも抱っこしたいのであれば両方の抱き方ができるタイプなど、自分の目的に合う商品を選ぶといいでしょう。